離婚に際しては生涯設計も描く必要がある

離婚するとその後再婚しない限り、残りの人生を1人で生きていくことになります。もちろん子どもがいれば子どもと共に生きていくのですが、子どもは養っていくもので厳密な意味では共に生きていくとは言えません。したがって大人の一方を失うのですから1人で生きていかなければならない、と言えるのです。ということは離婚後の人生に対しては、しっかりした生涯設計が必要になってきて、2人の時のような大雑把な人生設計では成立たなくなるのではないのではないでしょうか。まず一番大切なのは離婚後の収入に対する計画です。何しろ別れた妻は、一家の大黒柱を失うことになるのですから、収入も大半は入ってこなくなります。新たに入るものといえば、夫からの養育費、それに国から支給される児童扶養手当だけです。でもこの二つを併せたとしても金額的には10万円前後でしょうから、離婚前の半分にも満たないのです。

離婚女性が生涯設計を描くには安定した仕事に就くこと

離婚後の女性にとって大切なのは収入に対する設計図を描くことだと上で書きました。でもそれを描くには、まず安定した仕事先を見つけることが大事です。離婚前だと夫の給料という安定した収入源があったのですが、離婚するとそれがすべてなくなります。したがって離婚前のようにパートとかアルバイト的な仕事ではだめです。それでは離婚による収入源を補うことはできません。必要なのはなるべく収入の高い安定した仕事につくことです。つまりパートやアルバイトではなく、正社員としての職場を確保することです。そのためには知識やスキルが必要になってきますが、例え無理をしても早いうちにそうしたものを身につけるべきです。いま離婚した女性にスキルをつける国の助成システムは充実しています。それを利用してでも、できるだけ早く実行に移すことが必要です。